タグ: 取り消し

遺言状の有効性を担保するための工夫

時間の経過とともに、財産や親族の状況は変化していきますから、その状況が変わった場合には遺言も見直してくださいね。

遺言状は常に新しい日付のものが有効とされる性質があります。

また、一度作成した遺言の内容を変更したい場合には 新しい遺言書を作成できます。

 

新しい遺言書を作成して、前の遺言書を取り消す場合は 遺言書の方式を取り消したいものと同じ書式に必ず 準ずるということをしなくてもかまいません。
“遺言状の有効性を担保するための工夫”の詳細は »