タグ: 全員の合意

遺言があったら、それに従わなければならないのでしょうか

遺言がある場合は遺言が優先するが、相続人全員の同意があれば遺産分割の協議で取得者を決めることができます。

相続が発生し、亡くなられた方の遺言がある場合には、通常、遺言の内容に従って遺産を分けます。遺言がない場合には、相続人全員で遺産分割協議を行ない、誰がどの財産を取得するか決めます。このように遺言が優先されます。これが遺産分割の大原則です。
“遺言があったら、それに従わなければならないのでしょうか”の詳細は »