自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。

最近、遺言を書きたいという相談が増えてきています。自筆で遺言を書こうと思っていらっしゃる方もいらっしゃると思いますが、私たちがお勧めしたいのは、公証人役場で作成する「公正証書遺言」です。

では、自筆遺言と公正証書遺言の違いはなんでしょうか。それぞれにメリット、デメリットがあります。
自筆遺言のメリットは何と言っても費用がかからないこと。そして、何度でも簡単に書き直すことができる点があげられます。

では、デメリットは?自筆ですので、遺言者が遺言を書いたことを誰にも言っておかなかった場合、遺言の存在に気づかないという可能性があります。また、気づいたとしても、自分に不利な遺言内容であった場合、他の相続人に黙っている可能性もあります。

では、公正証書遺言のメリット、デメリットはなんでしょうか?
簡単に言えば、自筆遺言のメリットデメリットを反対にすればいいのです。
公正証書遺言は、たとえ、紛失しても、原本が公証人役場に保存されていますので、謄本を交付してもらうことが可能ですので、安心してください。

 

 

 

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む