カテゴリー: 家族と遺言について

自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。

自分に万が一のことがあれば、ココを見てねとだけでもいいので、遺言を保管している場所を伝えておいてくださいね

最近、遺言を書きたいという相談が増えてきています。自筆で遺言を書こうと思っていらっしゃる方もいらっしゃると思いますが、私たちがお勧めしたいのは、公証人役場で作成する「公正証書遺言」です。
“自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。”の詳細は »

遺言があったら、それに従わなければならないのでしょうか

遺言がある場合は遺言が優先するが、相続人全員の同意があれば遺産分割の協議で取得者を決めることができます。

相続が発生し、亡くなられた方の遺言がある場合には、通常、遺言の内容に従って遺産を分けます。遺言がない場合には、相続人全員で遺産分割協議を行ない、誰がどの財産を取得するか決めます。このように遺言が優先されます。これが遺産分割の大原則です。
“遺言があったら、それに従わなければならないのでしょうか”の詳細は »

遺言状の有効性を担保するための工夫

時間の経過とともに、財産や親族の状況は変化していきますから、その状況が変わった場合には遺言も見直してくださいね。

遺言状は常に新しい日付のものが有効とされる性質があります。

また、一度作成した遺言の内容を変更したい場合には 新しい遺言書を作成できます。

 

新しい遺言書を作成して、前の遺言書を取り消す場合は 遺言書の方式を取り消したいものと同じ書式に必ず 準ずるということをしなくてもかまいません。
“遺言状の有効性を担保するための工夫”の詳細は »