相続スケジュールの解説する

一連の手続きのスケジュールを把握しておくことで 被相続人が死亡した場合、すぐに動けるようにしておくと いいと思います。

相続が発生すると、やらなくてはいけないことが山ほど出てくるでしょう。

また手続きには期限があるものも多いので注意が必要です。
“相続スケジュールの解説する”の詳細は »

相続と遺族年金手続き

遺族厚生年金は死亡者の老齢厚生年金の3/4の金額、 受給者が妻の場合、死亡した夫の厚生年金加入月数によっては 中高生加算や経過的寡婦加算がつきます。

厚生年金の被保険者、また受給権者がなくなった場合は
その遺族は遺族厚生年金を受け取ることができます。

遺族基礎年金は子のある妻か子が受給する権利を有する年金です。
“相続と遺族年金手続き”の詳細は »

相続の割合と民法のきまりごと

配偶者の相続割合は法定相続分の1/2以上と、どんなケースにおいても非常に高く設置されています。

そうぞくの割合は、民法で決まっている?

被そうぞく人(財産を残した故人)の財産をそうぞくできるそうぞく人は、配偶者と故人の血族のみです。そのそうぞくの割合は法律で決まっていて、配偶者がいるかいないか、子供がいるか、いた場合はその人数などによってそのそうぞく内容が異なってきます。
“相続の割合と民法のきまりごと”の詳細は »

相続税がかからない財産

ただし換金性のある純金の仏具や豪華なものは投資目的とされ、相続税の課税対象となる場合も・・

墓地や仏壇、仏具などはそうぞく税法では
これらの財産は性質上、控えいとしてそうぞく財産から
省かれています。

仮に現金が亡くなった時点で600万あれば
そのほかの財産とともにそうぞく財産として
計算されます。その中から
500万で墓地と仏具を買っておけば
相続財産から現金が差し引かれることが減るという仕組みです。
“相続税がかからない財産”の詳細は »

最新の記事 »