相続財産に未登記の建物がある場合があります。

建物を所有している方が亡くなられ、
相続登記をしたいとご相談にお見えになる方がいらっしゃいます。

しかし、時々いらっしゃるのが、
ご遺産のなかに未登記の建物がある方。
未登記の建物とは、
登記されていない(登記簿に載っていない)
建物となります。

未登記とはいっても、課税はされている場合が殆んどです。

よく言われるのが、税金を払っているのだから、
登記もしているはずと思ってらっしゃる方がおおいように思います。
しかし、実際は、課税と登記というのは全く別なのです。

未登記の建物があった場合、どうすればよいのでしょうか。

法律によれば、
「登記のない建物の所有権を取得した者は
1か月以内に表題登記
(建物の登記記録を新たに起こす登記。
建物の所在、種類、構造、床面積等を記録する。)
を申請しなければならない」
とされています(不動産登記法第47条)。

つまり、建物の登記をすることは、
法律で義務付けられてはいるのですが、
実際には登記をされていない未登記の建物は
数多く存在します。

もし、ご自身が所有している建物について、
登記されているかどうか気になる場合は、
権利証や納税通知書を見れば確認できます。

市町村から送られてくる固定資産税の納税通知書に
建物の「家屋番号」の記載がない場合は、
未登記の可能性があります。

一度、ご確認くださいね。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む