相続はもめたら誰に頼むの?

遺産相続の件でもめた場合、親戚同士で話し合っていても埒が明きません。

そんなときには誰に頼んだらいいのでしょうか。お勧めなのは専門家に相談することです。弁護士、司法書士、場合によっては税理士などです。交通整理をしてもらい、一番適切な方法を導いてもらわねばなりません。無駄な争いが起こらないように、遺言状が無い場合はきちんと相談しなければなりません。逆にある場合も、遺言状の中身しだいで、もめることになりますから気をつけねばなりません。手数料一覧…….公正証書作成時の公証役場の手数料等は、政府が決めた公証人手数料令により、法律行為の目的価格に従って、次のように定められています。

目的の価額 手 数 料百万円まで  5千円2百万円まで  7千円5百万円まで 11千円1千万円まで 17千円3千万円まで 23千円5千万円まで 29千円1億円まで 43千円3億円まで、5千万円ごとに13千円加算10億円まで、5千万円ごとに11千円加算10億円超は、5千万円ごとに 8千円加算(目的価格の算定例)o価額を算定することができないときは、500万円と見なして算定。o遺言の場合は、相続人、受遺者毎に価額を算定して合算。

不動産は、固定資産評価額を基準に評価。o相続、遺贈額合計が1億円に満たないときは、11,000円を加算。o以上のほか、公証人が病院等に出張して公正証書を作成するときは、目的価額による手数料が5割増しになり、規定の日当(20,000円、4時間以内10,000円)、旅費(実費額)を負担していただくことになります。o遺言の取消しは11,000円、秘密証書遺言は11,000円。o正本又は謄本の用紙代、1枚250円。

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む