相続で減税を受けるには?

配偶者法定相続分
●配偶者の法定相続分相当額配偶者の税額軽減
・・・・・被相続人の配偶者が相続や遺贈で取得した財産額が次の金額のどちらか多い金額まで相続税がかからない制度のことを言います。法定相続分相当額と選択します。
●1億6000万円まで・・・・・・遺産のうち少なくとも1億6000万については相続税は加算されません。例:被相続人の遺産が3億で相続人が配偶者と子供の場合は配偶者が全額相続した場合3億円-1億6000万円=分についてが相続税が課税されるということです。ただし税額軽減の対象にならないものは配偶者が遺産の分割などで実際に取得した財産をもとに計算するので相続税の期限までに分割されていなければ軽減対象外となります。

加えて申告期限後3年以内の分割見込みについては申告期限までに分割されなかった財産の場合、相続税の申告書を提出し、申告期限~3年以内に分割した場合は税額軽減対象とされるので覚えておきましょう税額軽減を受けるためには・・・・以下の書類等が必要です。●税額軽減の明細を記載した相続税の申告書●配偶者が取得した財産の明細●戸籍謄本●遺言書の写し●遺産分割協議書の写し●印鑑証明書・・・・・・・・これらを税務署に提出することで申告します。相続税の申告後に、配偶者の税額軽減を受ける場合(遺産分割)は、分割成立の翌日から4か月以内に構成の請求が必要となります。相続税の申告期限から3年を経過するまでに分割できないやむを得ない理由がある時は税務署長の承認を受ける必要があります。

そのうえで、その事情がなくなった日の翌日から4か月以内に分割されたときも税額軽減対象とみなされます。不正に隠ぺいした財産が発覚した場合は配偶者の節税軽減が用いられないこともあります。被相続人に係る相続の相続税額の合計額(遺産をもらった人の各人の相続税額を合計した額)を計算します。配偶者の相続分、または、配偶者の財産を入力すると、配偶者が亡くなったときの相続に係る、相続税の合計額を計算します。
配偶者法定相続分

財産をすべてもれなく遺産分割協議書にのせましょう
記載を遺産分割協議書にもらした財産があると、それについての相続の手続をすすめられません。この遺産についてだけ、再度の書類作成をしなければなりません。
www.souzoku-shien.net/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む