相続スケジュールの解説する

相続が発生すると、やらなくてはいけないことが山ほど出てくるでしょう。

また手続きには期限があるものも多いので注意が必要です。一連の手続きのスケジュールを把握しておくことで被相続人が死亡した場合、すぐに動けるようにしておくといいと思います。まず7日以内に死亡診断書を添えて死亡届を市区町村に提出する必要があることや、(この死亡届を提出しないと火葬許可証が発行されないのです。)期限を過ぎると特例が適用されなかったりすることもあります。相続手続きのスケジュールをまとめてみましたので参考にしてみてください。被相続人の死亡(通夜や葬儀を行う)
●7日以内に市区町村に提出すること
●葬儀費用の領収書、整理、保管をしておく
●遺言書の有無の確認(公正証書以外の遺言は家庭裁判所にて検認してもらう)
●法定相続人の確定(戸籍から確認をする)
●被相続人の財産と債務の確認3か月以内に
●相続の放棄や限定の承認負債の承継などの申請を家庭裁判所へ出す。4か月以内に
●被相続人の所得税と消費税の申告(被相続人の死亡の都市の1月1日から死亡の日までの所得税と消費税の申告)財産と債務の評価相続税の計算財産と債務の分割協議相続税の納税資金の考慮●分割協議不動産の相続登記と預金の名義変更分割協議書の作成(遺言がない場合のみ)相続税申告書の作成
●10か月以内に相続税の申告と納税制限(延納・物納の申請)
●1年以内に遺言のチェック:相続人の遺留分侵害をしているときには減額請求をする。
●3年10カ月以内に相続税の取得費加算の特例適用(相続税が課税された財産を売却した際の所得税減税の特例など)

 

家族が遺産分割でもめないための相続の対策
言ったいわないでもめてしまうのは、記録がないからだ。すべてのことで書類を残すのは非現実的だが、相続にかんするものは書面にしたほうがいい。遺言や遺産分割協議書はその際たるものだろう。税金を納めるほどの遺産を持つ家族ならなおさらだ。
www.souzoku-shien.net/legacy/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む