自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。

自分に万が一のことがあれば、ココを見てねとだけでもいいので、遺言を保管している場所を伝えておいてくださいね

最近、遺言を書きたいという相談が増えてきています。自筆で遺言を書こうと思っていらっしゃる方もいらっしゃると思いますが、私たちがお勧めしたいのは、公証人役場で作成する「公正証書遺言」です。
“自分の気持ちを遺言に残しておくことは大切なことです。”の詳細は »

遺言があったら、それに従わなければならないのでしょうか

遺言がある場合は遺言が優先するが、相続人全員の同意があれば遺産分割の協議で取得者を決めることができます。

相続が発生し、亡くなられた方の遺言がある場合には、通常、遺言の内容に従って遺産を分けます。遺言がない場合には、相続人全員で遺産分割協議を行ない、誰がどの財産を取得するか決めます。このように遺言が優先されます。これが遺産分割の大原則です。
“遺言があったら、それに従わなければならないのでしょうか”の詳細は »

遺言状の有効性を担保するための工夫

時間の経過とともに、財産や親族の状況は変化していきますから、その状況が変わった場合には遺言も見直してくださいね。

遺言状は常に新しい日付のものが有効とされる性質があります。

また、一度作成した遺言の内容を変更したい場合には 新しい遺言書を作成できます。

 

新しい遺言書を作成して、前の遺言書を取り消す場合は 遺言書の方式を取り消したいものと同じ書式に必ず 準ずるということをしなくてもかまいません。
“遺言状の有効性を担保するための工夫”の詳細は »

相続はもめたら誰に頼むの?

相続でもめたら、お勧めなのは専門家に相談することです。

遺産相続の件でもめた場合、親戚同士で話し合っていても埒が明きません。

そんなときには誰に頼んだらいいのでしょうか。お勧めなのは専門家に相談することです。
“相続はもめたら誰に頼むの?”の詳細は »

相続の手続きで遺言の執行者とは

相続で遺言執行者とは、遺言者が記した遺言書の内容を実行することを職務とする人のことです。

遺言執行者とは、遺言者が記した遺言書の内容を実行することを職務とする人のことです。
職務の内容は、●財産目録の調製・・・・遺言執行者は遅滞なく、相続財産の目録を調製して、これを相続人に交付しなければなりません(民法1011条1項)。
“相続の手続きで遺言の執行者とは”の詳細は »

相続手続き不在者財産管理人選任の申し立て

相続手続きで生死が不明な人の代わりに財産管理人を選任することによって遺産分割協議などを行うことができます。

1 申立人・・・利害関係人(不在者の配偶者,相続人にあたる者,債権者など)

2 申立先・・・不在者の従来の住所地の家庭裁判所
“相続手続き不在者財産管理人選任の申し立て”の詳細は »

遺産の相続の継承をべつの視点からみる

財産相続はプラスとマイナスがあり、「継ぐか継がないか」という焦点をはっきりと調査しておく必要があります。

財産そうぞくはプラスとマイナスがあり、「継ぐか継がないか」という
焦点をはっきりと調査しておく必要があります。

そうぞくしてもマイナス財産が多い場合は、放棄をしなくてはいけませんし
プラスが多い場合には単純承認が必要です。
“遺産の相続の継承をべつの視点からみる”の詳細は »

相続手続きで遺言が見つからない場合はどうするの?

公正証書の遺言書の場合は、原本が公証役場に残されていますので、 再度交付してもらう事ができます。どこの公証役場で作成したか不明な場合、 『日本公証人連合会』がコンピュータ管理していますので、近くの公証役場から 検索探できます。

相続が開始しましたら、被相続人が遺言書を残しているかどうか確認する。

心当たりがある方や、遺言書を預っている方は速やかにその旨を相続人に連絡する。
“相続手続きで遺言が見つからない場合はどうするの?”の詳細は »

相続で減税を受けるには?

相続税の申告期限から3年を経過するまでに 分割できないやむを得ない理由がある時は 税務署長の承認を受ける必要があります。

配偶者法定相続分
●配偶者の法定相続分相当額配偶者の税額軽減
・・・・・被相続人の配偶者が相続や遺贈で取得した財産額が次の金額のどちらか多い金額まで相続税がかからない制度のことを言います。法定相続分相当額と選択します。
“相続で減税を受けるには?”の詳細は »

相続スケジュールの解説する

一連の手続きのスケジュールを把握しておくことで 被相続人が死亡した場合、すぐに動けるようにしておくと いいと思います。

相続が発生すると、やらなくてはいけないことが山ほど出てくるでしょう。

また手続きには期限があるものも多いので注意が必要です。
“相続スケジュールの解説する”の詳細は »

« 過去の記事